テーマ:カワセミ

カワセミ

今日は早朝に自然公園に行ってみましたが、鳥達の動きは少ない ので、ホームグランドの帷子川に転進。 カワセミを待つ事、10分後に目の前に飛来してくれました。 カワセミはブルーの羽根の美しさから「青い宝石」とも呼ばれ、 寿命は平均2年と短命です。                                        …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川の散歩

自宅から歩いて数分の所に帷子川が流れています 市街地に流れ、以前はゴミ等で汚れていましたが、 今では鮎が遡上するほどキレイになりました アオサギが小魚をゲットです ハクセキレイが飛び回ります 同じ場所にキセキレイも来ました 鯉達も群れて泳ぎます 夕方に行きましたが、しばらくするとお目当てのカワセミも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハナショウブとカワセミ

早朝に近くの四季の森公園へカワセミの つがいを撮りにいきましたが、単体のみでした ハナショウブが咲き始めていたので何枚か 6月が本番ですね 水色は新鮮です 朝露が葉についています 白色も清楚です 夕方もう一度行き、やっとつがいの給餌が撮れました カップルになるのは今頃の期間限定です オスが小…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カワセミと小花

4月9日に公園の池で撮影したカワセミですが、何かを訴えて いる様な表情が気になります。 ブレブレですが、何とか飛翔姿です。 獲物を狙いすまして急降下でしょうか。                                              鉢花や庭花も良いですが、どこにでも咲く花は何となく安心感がをおぼえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公園散歩

今日は、風がありましたが天気がいいので、昼時、妻と一緒に、いつもの公園へ梅見に。 梅とメジロも絵になります。 梅をまじまじと見るのはカメラを手にしてからです。 関東ではこれからが本番ですね。 鳥達もいきいきとしています。 レンズ交換して妻に渡したら、「私は助手じゃないのよ。」と言われてしまいました。(笑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日、初めて足を踏み入れた森の梅。 カシラダカの群れと遭遇です。 何やら色のついた塊り・・ジョウビタキの雄でした。 オスの色は目立ちます。 他に人影なく、活発なカワセミを独り占め状態でした。 冷たい水中に連続しての飛び込みでした。 数回で1匹の小魚をゲット、ホットとしました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公園散歩

まず目についたのがこの気の利いた看板です。 ガサガサ音がしなければ気づかなかったコジュケイ。 こちらも目立たないアオジ。 ジョウビタキ。 カイツブリでしょうか。ずっと水中に潜ってました。 カワセミ餌どり
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川と公園

まずは川でカワセミから・・。 いつもの公園でルリビタキを待つと、ちゃんと出て来てくれました。 カメラアングルを意識して場所も変えてくれます。 数分間の対面でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も公園へ

カメラマンさん達がお目当ての鳥を待ちます。 新年早々ラッキーです。通りがかってすぐにルリビタキが現れました。 目の前で見たのは初めてなので感動です。 お披露めが終わると森に姿を消しました。みんな満足顔でした。 頭上スレスレからヤマガラが目の前に。 毎度のリス君です。 もちろんカワセミもいました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年もあとわずか・・。

のんびり、ホッとする場所です。 見慣れた鳥も、この時期何故か新鮮に。シャッターを押してしまいます。 カワセミ君の毎日は、餌取りから始まります。 この時小魚は採れませんでした。 なんとかうまく採れました。よかったね。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

公園散策

まずは池でカワセミです。 小魚1匹をゲットしました。 森に入るといきなりニホンリスのお出迎えでビックリ。 ジョウビタキのメスが現れました。 アオジ君も朝食探しです。 見返り○○鳥です。 オマケで我家の鉢花です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公園散歩

朝1時間半の散歩です。 せせらぎにカルガモ達がゆったりと。 キセキレイもいました。 コサギも朝ゴハンの小魚探しです。 アレッ、この鳥の名は? かわいいメジロもちゃんといました。 これはムクドリ。 川にもカモ達が朝日を浴びてくつろいでいました。 もちろん、カワセミ君もいます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more